木

前回は『室内で出来るダイエットに効果的な有酸素運動』という記事を書きました。
基本的には体一つあれば行えることをメインに書いた記事になります。

今回は、機械やマシンを利用した方法もご紹介しようと思います。
といっても、メジャーなものばかりです。

有酸素運動の代表マシン:ランニングマシーン

スポーツジムに置いてあるランニングマシーンです。
天候に左右されず、温度と湿度が管理された室内で、
ジョギングやランニングができるので表示に有効です。

スポーツジムに置いてある業務用の物は100万円近くするようです。
そんなもの自宅にはちょっと…という方がほとんだとは思いますが、
個人が利用しやすい数万円の物もあります。

ただ安物のランニングマシーンは、モーターがすぐに焼けついて故障したり、
ベルトが劣化するなど故障のリスクが高いようです。

個人用ではおそらく一番高くて高機能だと思われるジョンソンというメーカーのものは、
エントリーモデルが17~18万程度で、プロユースのモデルが42万円程度だったと思います。

お金があって、家でしっかり有酸素運動ができるなら糸目はつけない!
という方にはぴったりかと思いますが、私がこれを買ったら、
間違いなく家族の大ブーイングを受けることでしょう(笑)

一時期スポーツジムに通っていた頃は、ランニングマシーンだけで十分効果があったので、
本当は自宅で手軽に出来るように欲しいところです。

有酸素運動マシンの初心者ならエアロバイク

太っている状態からいきなり走り出すと、膝を壊したり腰痛が発生したりします。
こうなるとしばらくは他の運動もしづらくなりますから注意が必要です。

筋肉が衰えた状態で、重たい体重を体が支えきれないことが主な原因かと思います。
走ると膝に負担がかかりますので尚のことですね。

そういう場合にはエアロバイクが膝への負担が少なくいいようです。
消費カロリーや負荷の部分に置いてはランニングマシーンに負けますが、
有酸素運動の第一歩として馴らしていくには最適といえるでしょう。

数十分と乗るものなので、サドルの質が以外とポイントのようです。
ただどれも長く乗っていればお尻が痛くなると思うので、
クッション性の高いサドルカバーなどを利用して補強するのが一番簡単でしょう。

それであれば、サドルは気にせず機能的に良さそうなものを選んだらいいと思います。

外で自転車に乗ればいい話なのですが、夜間などの時間や天候に左右されないという意味で、
自宅で出来る有酸素運動のエアロバイクもお勧めです。

ページ上部に