目覚まし時計

脂肪を燃焼させる有酸素運動ですが、
有酸素運動を開始してから、実際に脂肪が燃え始めるには少し時間がかかります。

どれくらいの時間がかかるかというと、
一般的には運動開始後20分後からと言われています。

じっさいに軽いジョギングやウォーキングを行うとわかりますが、
15~20分後くらいから体が熱くなったり、汗がにじみ始めることが多いです。

有酸素運動で脂肪が燃焼される仕組み

では何故20分も継続しなければ脂肪は燃焼され始めないのでしょうか?
それには有酸素運動によって消費されるエネルギーの順番が関係しています。

運動を行うとまずは血中の糖がエネルギーとして利用されます。
次に筋肉のグリコーゲンがエネルギーとして利用され、
それらが無くなった後に蓄えた脂肪が利用され始めます。

そういうわけで、実際に体に蓄えられた体脂肪が燃焼され始めるには、
有酸素運動を20分以上継続した後と言われています。

ちなみに脂肪が燃焼するというのは、体に蓄えられた体脂肪が分解され、
血中から筋肉に移動し、筋肉で酸素と反応してガスに変化することをいうようです。

ひさびさに有酸素運動や無酸素運動をしっかり行った後に、
なぜかおならが頻繁に出たのはそのせいかもしれません(笑)

有酸素運動と時間の関係

いくら20分後から脂肪が燃焼されるとはいえ、
30分・40分も運動を続けるのは結構面倒だと思います。

実際に走り始めてしまうと40分くらいは何とかなるものですが、
今から40分やろうと思うと気が引けますよね。

それは運動=キツイものという認識があるからかと思います。
ところが有酸素運動は、むしろ楽にダラダラ続けて行う方がいいとされています。

先ほども記述しましたが、分解された体脂肪は筋肉で酸素と反応して燃焼します。
すなわち体内に酸素をたくさん取り込む必要があるということです。

キツイ負荷で息も切れ切れになってしまうような激しい運動よりも、
少し息が上がるくらいの、楽な負荷の運動で酸素をしっかり取り込む方が効率的です。

例えばテレビを見ながら適当な台で踏み台昇降運動を行うなどでもOKです。
1時間番組を見ながらであればあっという間かと思います。

日中や温かい日であれば、少し遠くまで歩いて散歩するのもいいでしょう。
無理に走ったりする必要はありませんが、早足くらいは効果的なようです。

有酸素運動は、無理せず続けられる楽な方法で、生活に取り入れるといいです。
何も毎日行う必要はありませんので、そのあたりもラフにいきましょう。

ページ上部に