ハート

有酸素運動で、効率よく脂肪を燃焼させる為には、ある程度の運動強度が必要です。
といっても息が切れるような激しい運動を必要なわけではなく、普通に歩く散歩よりは、
早歩きで歩く方が良いという程度のものです。

有酸素運動と心拍数の関係

今の運動強度が、一番効果的な運動強度かをはかるのに役立つのが心拍数です。
一般的には最大心拍数の6割~8割程度の運動強度が一番効果的とされているようです。

最大心拍数は、自分が限界だと思う強度まで運動を行い、
その時の心拍数ではかることが出来ます。

ただし、心拍数を正確にはかるとなると、心拍計が必要になります。
手先につけるようなタイプもありますが、より正確にはかろうとすると、
胸につけるようなものもあり、そこまでする必要は無いように感じます。

私の場合は有酸素運動を行っている際に、手首に指を当てて、
1秒に3~4回の心拍であれば良しとしています。

ここは人それぞれで回数が違うので、息が切れるような激しい運動よりも軽く、
呼吸が全く上がらないような軽度な運動よりも強く行うくらいのバランスが必要です。

正直、心拍数は回数で管理するよりも、
自分の体の状態・呼吸の状態で感覚的に判断する方がお勧めです。

ここが自分の最適な有酸素運動の強度である、
ということはやってみれば意外とわかるものです。

有酸素運動の回数

どれくらいやればいいのかというと、出来る限りやった方がもちろんいいのですが、
私は週に2日程度でも十分効果が出ています。

もちろん食事制限も合わせていますが、3週間で約マイナス5キロと順調です。
1カ月に落としていい体重は、体重の2%程度という情報もあるようなので、
逆に短期間で落とし過ぎなので調整しようかとも考えています。

回数はそんなに関係なく、自分の仕事や生活スタイルの中で、
無理なく行えれば十分結果は出ますので大丈夫です。

ただし1日~2日で簡単に結果が出るようなものでもないので、
週数回でもいいからせめて一か月以上は続ける覚悟は必要でしょう。

それもやってみれば大したことじゃないので、安心してください。
週に数回続けていれば、理想の体型に近づいて、夢や理想が叶うと思えば安いものです。

あと大事なことは、やれなかった日があったくらいでくじけないことです。
いくら完璧に予定を立てても不慮の事態は起こります。

そこで自己嫌悪に陥って結局やめてしまうのは良くあるパターンですが、
何回か忘れたくらいで大したことはありませんので、続けてください。

人生長い目で見たときに、少しくらい時間がかかろうが、
最終的に理想の体型になっていれば万々歳です。

ページ上部に