BYE-10

基礎であるスローサーキットトレーニングと、
その次のステップの全面トレーニングにも慣れてきたので、
残りの前面トレーニング・背面トレーニングを一気にやってみました。

結論から言えば、どちらも負荷的には全面トレーニングより難しいということはありません。
自分がシェイプアップしたい場所に合わせて、行う種目を選べばいいと思います。
飽きがこないように各種目をうまくローテーションするのもお勧めです。

前面トレーニング

腹筋の強化をメインテーマに組まれた構成で、12の種目に分かれています。
全て行っても10分もかからず短時間で出来ます。

腹筋の強化を中心に、全体的にもシェイプアップさせるエクササイズを行っていきます。
行うのに難しいということはありませんので安心してください。

9つ目の種目は負荷的にきつかったので、足を曲げて簡易版で済ませました。
多分、今体重のある方にはなかなかきつい種目だと思います。

またこれまでのトレーニングとかぶる種目も出てきます。
慣れた種目なのでこなすのは問題ありませんが、少し飽きがきているかもしれませんね。

こちらは12種目を連続で行うことを1セットとして、5セット行うことが目標とされています。
私には無理でした(笑)

1セットでも翌日、筋肉痛になったので効果に問題はありません。
自分の体力に合わせて無理なくこなしていけばいいと思います。

背面トレーニング

こちらは背筋の強化をメインテーマに組まれたエクササイズで、同様に12種目です。
1種目は30秒ですので、こちらを通しで行うのにも10分もかかりません。

シビアにこなせば30秒×12種目で360秒(6分)で終わりますので、
30分で5セット行うことはやろうと思えば可能です。

こちらはこれまでの全面トレーニングと前面トレーニングの種目とかぶるものがあります。
半分くらいの種目はこれまでに行ったものと同一となります。

難易度自体はこれも難しいということはありません。
正しいフォームで行おうとすると肉が邪魔だったり、体が固かったりで難しい場合もあります。

その場合も出来る限りの形で行えば、十分負荷はかかりますので大丈夫です。
続けるのに厳しいと感じてしまうと、やらない言い訳が出来てしまうので、
むしろある程度楽にこなしてしまう方が得策です。

特にBYE-10のDVDで通しで行う場合、トレーナーの方と同じスピードで出来ない場合もあります。
そんな時は30秒という時間だけを意識して、その中で自分が出来る限りでOKです。

ページ上部に