月

一昔前、歌手の倖田來未さんが、夜八時以降は食べないようにして
ダイエットに成功したという話をテレビでよくしていました。

夜八時以降は食べないとか、夜九時以降は食べないとかってよく聞きますよね。
なぜ夜に食べてはいけないのでしょうか?

理由はさておき、私自身も夜中にお腹が空いて、
夜な夜な豚バラ肉を焼いて豚丼を作ったりして食べる生活を続けていたら、
ものすごく急激に太りました。

やはり夜中に食べると太ると言うのは経験からも本当の様です。
少し理由を探ってみましょう。

夜に食べると太る理由

大きな理由は『BMAL1』というものにあるそうです。
読み方はビーマルワンだとか。

このBMAL1は脂肪を体に取り込む際に働くタンパク質です。
体内のBMAL1は夜遅くになるほど増えるようで、同じものを食べても、
夜中の方が太ると言う現象がおこります。

同じものを食べているのに太り方が違うとは不公平ですね。
しかし人間の体がこうなっているのだから仕方ありません。

逆にいえば、夜じゃなければ割と好きに食べても良いということです。
限度はありますが、夜に食べるよりは太りにくいことになりますね。

夜遅くに食べるデメリット

もう一点、夜に食べると良くないことがあります。
寝るまでに消化が終わっていないと、就寝中も胃腸が働き続けることになり、
睡眠の質が悪く翌日の体調が良くないということです。

これはちょっと経験があります。
食べ過ぎて眠った翌日は体がダルく起き上がれないのですが、
そうでない時は比較的シャキッと起きることができます。

寝ている間は、胃腸も休ませてあげるといいってことですね。
眠る2~3時間前には食事を済ませておくといいそうです。

あれ、でも飲み会はむしろ夜八時くらいから始まりますよね?
楽しい飲み会は同時に太りやすい魔の時間帯でもあるということです。

この辺は仕事や人間関係の兼ね合いもあるでしょうから無理をする必要はありません。
ただ唐揚げなどの揚げ物をつまみにビールを飲むようなことは避けた方がいいです。
先に野菜を食べたり、ビールは出来る限り避けるなど工夫は良い効果があるでしょう。

どうしても夜中にお腹が空いて眠れない場合

あとはどうしても夜中にお腹が空いて眠れない!
という時は温かいものを飲むのがおすすめです。

雑誌にはココアと書いてあったんですが、
私としては甘いものでお腹は満たされないので味噌汁などのスープがおすすめです。

ダイエットスープは色々考案されているようなので、
参考にしてみるといいと思います。

脂肪地獄への直行便に乗らないように、夜中の大食いはうまく避けましょう。

ページ上部に