食事

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪といった種類がありますが、
男性につきやすいのは内臓脂肪です。

最近はやりの炭水化物抜きダイエットでは、
内臓脂肪の減少に効果が期待でき、実践した男性は
ウエストのサイズダウンに成功しているようです。

内臓脂肪を落とす為に、炭水化物を抑えると言うのは
効果的な方法ですが、抑えるだけで全く摂らないというのは
危険ということは認識しておくべきです。

男性の体と炭水化物

炭水化物を減らして血糖値が下がると、男性の体では内臓脂肪を分解して
血糖値を上げようとするとのことです。

女性の場合は皮下脂肪が多いのですが、
皮下脂肪は緊急時の蓄えの為、なかなか使われない仕組みに
なっているということです。

そういうわけで男性にとって炭水化物のセーブは効果的です。
しかし全く摂らないと病気のリスクや肝臓の疾患などに、
悪影響があると言う情報もあります。

摂るなといったり摂れといったりどっちなのかと迷いますが、
こういったことは全てバランスの上に成り立っています。

水も体には必要不可欠な要素ですが、
飲み過ぎれば体に害を与えることもあります。

正しい炭水化物ダイエット

『炭水化物抜きダイエット』というから誤解が生じるのであって、
『炭水化物セーブダイエット』であれば大丈夫だと思います。

要はこれまでご飯大盛りにしていたものを普通盛りに、
普通盛りだったものを茶碗半分にしようよということです。

摂り過ぎていた炭水化物のセーブは非常に重要です。
これから先、余計な脂肪をつけずに、
かつ今体についてしまっている体脂肪を燃やしていくには必須です。

今まで当たり前の様に食べていた物を控えるのは最初は辛いですが、
やり方がわかればそこまで苦にはなりませんので安心して下さい。

具体的な食事方法

まずは食事と時間との関係が重要です。
今までご飯大盛りを5分で平らげていたのであれば、
10分かけて普通盛りを食べるようにして下さい。

必然的によく噛んでゆっくり食べることが必要となってきます。
30回噛んで食べると言う回数で決めている人も多いですね。

半分食べたら少し間を置いて、残りの半分を食べると言うのも良い方法です。
結局は大盛りいっぱい食べていた頃と同じだけの満腹感を得ることができます。

つまり太っていた今までは、偽りの空腹感で食べ続けていたことになります。
体に余分な脂肪がついて太ってきているということは、
体はそこまでの量を必要とはしていないということです。

こちらのサイトでは太らない食事や、気を付けた方がいい食事などについても
色々と記事にしていますので、参考にしてみて下さいね。

ページ上部に