腕の筋肉

前回の記事でも書きましたが、ダイエットと言えば走ること。
ランニングやジョギングなどの有酸素運動が王道です。

運動中に、まさに脂肪が燃焼されていくのですから、
ダイレクトなやり方としては最良の選択といえるでしょう。

一方、有酸素運動と対をなす無酸素運動ですが、
これはダイエットには効果が無いかというとそんなことはありません。
むしろ効果大といっても過言ではないほど重要です。

無酸素運動って何?

無酸素運動というとなんだか難しい感じがしますが、
要は筋肉トレーニングのことです。

筋トレというと、重たいダンベルやバーベルを苦労して持ちあげる
とてつもなくツラいものを想像してしまいがちですが、
ダイエットに必要な筋トレにそういったものは必要ありません。

もちろん機械やマシンがあった方がいいものもありますが、
基本的には自重トレーニングで事足りるでしょう。

特に、これまで運動や筋トレを行っていなくて、
体に脂肪がついて重たい状態である要注意です。

無理をしてダンベルやバーベルを利用したトレーニングをすれば、
怪我をしてしまいかねません。

まずは腕立て伏せや、腹筋、背筋などのベーシックなもので十分です。

筋トレのダイエット効果

さて、なぜこれらの筋トレがダイエットに効果大かというと、
筋肉による基礎代謝のアップがポイントとなります。

筋肉は通常時、何もしていない時でも維持にエネルギーを利用します。
筋肉を適度に大きく鍛えておけば、基礎代謝がアップします。

基礎代謝が上がれば、痩せやすい体質になりますし、
同じ量を食べても太りにくくなるということです。

食べても太りにくいというのは理想の状態ですから、
是非実現させたいものです。

その際、見た目を良くするために腕を鍛えたいと思う方も多いと思いますが、
効率よく基礎代謝をアップさせるならもっと大きな筋肉がお勧めです。

まずは大きな筋肉を鍛えるべし!

大きな筋肉を鍛えれば、それだけ筋肉の量も増え、
基礎代謝の向上が期待できます。

代表的な筋肉は、大胸筋・広背筋・大臀筋・大腿筋などです。
これらの筋力トレーニングを重点的に行うと良いでしょう。

また筋トレは有酸素運動の前に行うことによって、
有酸素運動の脂肪燃焼効果を高める効果も期待できます。

筋トレによって分泌された成長ホルモンに、
脂肪の分解や脂質の代謝アップの働きがあり、
筋トレ後に有酸素運動をすると効率よく脂肪燃焼できると言われています。

なので合わせて行う場合の運動の順番は、
無酸素運動(筋トレなど)⇒有酸素運動(ジョギングなど)になります。

運動で健康的に、バランスの良い体づくりを目指しましょう。

ページ上部に