がっくり

女性でもない限り、甘いものが止められないという方はそんなに多くないかと思います。
ところが家族がいる場合、家族が買ってきたケーキやシュークリームなどの洋菓子は要注意です。

まず間違いなく全員に一つずつ用意されていますよね?
バースデーケーキともなれば1ホール丸々買ってくることも少なくないでしょう。

せっかく買ってきたのだからと率先して食べていませんか。
賞味期限が明日までだからと残りを全部自分が食べたりしていませんか。
はい、私がそのような状態でした。

ケーキなどの洋菓子が太る理由

ケーキやシュークリームなどの洋菓子が太る理由はもちろん糖質になります。
砂糖・油・卵・牛乳の組み合わせは脂肪がつく最悪の組み合わせだそうです。
洋菓子の生地にはほぼ間違いなく利用されています。

カロリー的にもショートケーキは1つで300~400kcalと高めです。
上記の脂肪がつきやすい食材の組み合わせによって脂肪が体につく条件も悪いです。

自分が買わなくても、家族や誰かが買ってきたので食べなければいけない。
そんなことも、もちろんあると思いますが、せめてダイエット中の数ヶ月は控えるのが賢明です。

もし本当に週に2回ケーキを食べないと、生活に支障が出るほどストレスが溜まるのであれば、
考え直した方がいいかもしれません。

ただ同時にケーキを食べないと生活に支障が出るような、
生活スタイルを見直すことの方が最重要です。

ケーキの代わりになるもの

とはいえ食べたいのも本音なので、ケーキの代わりになるものがないか探してみました。
一つの選択肢としては、自分で作って生クリームを使用しないようにしたり、
砂糖を使用しないようにしたりして太りにくいケーキを作ることです。

ただ、だからといって一つで押さえていたものを二つ食べてしまいそうなので、
あまりいい方法とは言えなさそうです。

それに自分で作ると絶対に多めに出来上がってしまいますよね。
そのあたりも要注意です。

また商品として、カロリーや糖質を半分カットしたケーキなどもあるようです。
お店で売っているものなのでそれなりの味は期待できるでしょうし、
1つだけ買うこともできるのでいいかもしれませんね。

ケーキ以外での代用

またケーキとは違いますが、クルミは食べてもいいようなので、
ケーキの代わりにクルミをつまんで耐えられるのなら良さそうです。

そういえばチョコレートも太るお菓子の代名詞ですが、
100%のブラックチョコレートなら食べても大丈夫なようですね。

とはいえ食べ過ぎは禁物ですから、少量に留めるべきだとは思いますが、
チョコレートを食べたという事実が満足感をもたらしてくれるでしょうし良さそうです。

もしこのまま一生太ったままでいたくないと思うのなら、
一生のうちのたった数ヶ月ケーキやシュークリームなどの洋菓子を、
控えることを検討してみてください。

ページ上部に