幹

書店の運動やトレーニングコーナーに行くと、
体幹関連の本が最近たくさん出ていることに気づきます。

私も代表的なものを何冊か持っています。
サッカーの長友佑都選手の体幹トレーニングを行っている、
木場さんという方の著書になります。

実際に世界で活躍するトップアスリートを育てたトレーニングとあって、
そのあたりが最近流行な理由の一つなんだと思います。

実際に私も行ってみましたが、何もやってない状態から始めると、
これだけで筋肉痛になりますね。

そんなに激しいトレーニングではないのですが、
いかに体を動かしていなかったかということを実感させられます。

体幹トレーニングのメリット

体幹と言われる体の深い部分にある深層筋を鍛えるメリットは、
運動能力の向上や姿勢が良くなるなどがあります。

スポーツ選手のボディバランスが良いと評価されることがありますが、
ボディバランスの良さに体幹は影響していると思われます。

姿勢が良くなれば、変なところに負担がかからずに、
肩こりや腰痛などの改善にもつながると言われています。

これらのメリットはダイエットには関係ないように思いますが、
ダイエットにも有効なメリットが一つあります。

それはお腹のまわりを支える腹横筋と鍛えることで、
だらしなく垂れているぽっこりお腹を引き締めることが出来ることです。

ある程度痩せても、この下腹のポッコリがへこまないということがありますが、
その場合は、体幹から締め上げることで改善する場合があります。

体幹トレーニングの基本ドローイン

ドローインはゆっくり息を吸い込んでお腹を膨らませた後に、
ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませていく動作です。

お腹と背中をくっつけるほどへこませることを意識することで、
腹横筋に力が入り、普段使わない部分を鍛えることができます。

お腹が出ている人がやると結構へこませるのがキツいです。
もちろんお腹の出ている人とは私のことです(笑)

それでも続けていくことで、それなりに形になるようにはなってきました。
多少は体幹も鍛えられてきているのだと思います。

体幹・深層筋・インナーマッスルと呼び方は様々ですが、
体の内側を意識することによって効果を上げる方法は正しいと感じます。

一見、外見ばかり気にしてしまいがちな人生ですが、
内側から健康でカッコよくありたいものです。

結局それが外見にも影響してくることになり、
見た目を良くしたいのならまずは内側の筋肉や、
体を構成する食事や食べ物に気を配ることが近道です。

ページ上部に