ご飯

体に脂肪がつく仕組みは、食事で食べ過ぎた炭水化物と糖質が、
体内で脂肪に分解され、脂肪細胞に蓄積されることになります。

炭水化物は体内で糖に分解されますので、脂肪の元になるのは、
糖質という見解でほぼ間違いないと思います。

そういうわけで、炭水化物や糖質をカットするダイエット方法が、
短期間で効果もあることから実践する人が増えています。

しかし、この糖質オフダイエットは色々な危険性が指摘されています。
素人が間違った方法で行うと、命にも関わるので危険です。

間違いだらけの糖質オフダイエット

まず大きな間違いとしては、
炭水化物や糖質を脂肪の元になる悪者としてのみ捉えることです。

そうなると炭水化物や糖質をまったく食べない、
という危険で偏った食事を摂ってしまう人が少なくありません。

炭水化物や糖質は脳や体の栄養源として非常に重要な栄養素です。
それらを全く摂らないということは、人体に悪影響があります。

抵抗力や免疫力が弱まり、病気にかかるリスクが高くなることや、
肝臓への悪影響などのデータがあるようです。

痩せるために病気になったり不健康になったりするのでは本末転倒です。
そして不健康なダイエットはほぼ間違いなくリバウンドしますので、
結局、得たものは病気や不健康だけということになります。

せっかく苦労してダイエットを成功させたのに、
その努力が無駄になるどころか、マイナスになるのは避けたいところです。

正しい糖質オフダイエット

そもそも、脂肪が体につくには、炭水化物や糖質を食べ過ぎた場合です。
普通にご飯一杯食べる程度で肥満になる人はいません。

なので正しい糖質オフダイエットは、完全カットではなくて、
余分に摂り過ぎていた分をカットするということになるでしょう。

毎回、ご飯大盛りにしていた定食をやめたり、
いつも茶碗はドンブリサイズといったことをやめればOKです。

また味の濃いおかずを食べると、ご飯を大盛り食べたり、
おかわりしたくなるでしょうから、それも避けるべきです。

夜は控えめに

とはいえ、一日の始まりである朝食や、
午後の仕事も頑張るための昼食で、そこまで我慢する必要は無いと思います。

夕食は、あとは寝るだけですし、
夜遅くの食事は脂肪にもなりやすいということですので、
炭水化物や糖質をセーブする良いポイントです。

完全カットせずに、ご飯を茶碗の半分に控える程度で十分です。
ゆっくり、よく噛んで食べればこれでも十分持ちます。

飲み会や宴会で、ビールのつまみに揚げ物の唐揚げを食べるようなことは、
絶対に控える方が無難です。

健康的な、正しい糖質管理を行いましょう。

ページ上部に