筋肉

筋トレをすると足が太くなる、だから痩せたければ筋トレは逆効果。
こんなことを聞いたことが一度はあるんじゃないでしょうか?

ところが実際は逆で、効率的に痩せたいのなら筋トレはむしろ必須項目です。
では何故筋トレは逆効果という噂が広まってしまっているのでしょうか?

筋トレの誤解とメリット

なぜ筋トレで太くなるかの誤解があるかというと、
筋トレ⇒ボディビルダーのような体を想像しているからだと思います。

あるいは筋トレ⇒アスリートのようなガチガチの太い足や腕、といったところでしょうか。

ダンベルやバーベルを利用して、大きな荷重で筋肉を鍛え続ければもちろん太くなってしまいます。
ボディビルダーは見せる為、アスリートは競技で結果を出す為に必要なトレーニングでしょう。

一方、一般の人が行う腕立て伏せやスクワット程度で、
あそこまで腕や足が太くなるということはあり得ません。

何も運動をしていなかった人が筋トレをはじめて、
筋肉がついたことによって少し太くなるといったことはあるかもしれません。

ただしその場合も、筋肉は通常の維持でもエネルギーを消費しますので、
太くなった以上に脂肪を燃焼して細くなると考えて大丈夫でしょう。

つまり一時確かに少しだけ太くなるかもしれませんが、
その先にはそれ以上のメリットがあるということです。

普通にやってもムキムキのマッチョにはならない

今は男性でもムキムキのマッチョは女性に敬遠されがちです。
そんな風になりたくない、だから筋トレはしないということであればそれは勿体ないです。

通常の筋トレはむしろ今時の女性が好む細く引き締まった体にはプラスの効果があります。
先ほども書きましたが、筋肉は通常時でも維持の為にエネルギーを消費します。
これはつまり基礎代謝が上がるということです。

基礎代謝が上がれば痩せて引き締まった体になることも効率的に行えます。
同じ量を食べても太らないというメリットもあるでしょう。

女性の好むタイプの上位にはよく食べる人というのが入ってきますから、
あなたの食べっぷりが良ければ好印象かもしれません。

女性が好む細マッチョ

「細く引き締まった細マッチョがいい」
「思い切りよく食べる人がいい」

というのは食べても痩せていろということでかなり矛盾した希望ですが(笑)
そんな願いを叶えるモテ男になる為には、筋肉を鍛えて通常時の基礎代謝を増やすことです。

テレビでとんねるずの木梨憲武さんがとにかくご飯をよく食べるのですが、すごく細いです。
私があれだけの量を食べていたら即刻肥満になるでしょう。

もちろん芸能人ですから、ジムで運動をしていたり気をつけていたりするでしょう。
ただ帝京高校サッカー部時代から鍛えられた筋肉・肉体こそがその秘訣だと私は思います。

食べても太らない、引き締まった細い体を手に入れる為に、是非筋トレは取り入れましょう。

ページ上部に