腹筋

あなたの目的が6つに割れた美しい腹筋を手に入れることであるなら、
必ず知っておいた方がいいことが一つあります。

美しいシックスパックを手に入れる

6つに割れた腹筋、いわゆるシックスパックですが、これは腹直筋と言われる部分の筋肉です。
お腹の前面についていて、腹筋運動などのトレーニングで鍛える主な部位と言えばここでしょう。

ところがこの腹直筋だけを鍛えても、決して6つに割れた美しい腹筋は手に入りません。
それは下腹のぽっこりが、通常の筋トレだけでは引き締まらないからです。

男性の場合は内臓脂肪というのがつきやすくなっています。
ちなみに女性の場合は皮下脂肪ですね。

この内臓脂肪がつくとお腹周りがふくらみ、下腹がぽっこりと出てきます。
みぞおちあたりのお腹の上部はそこまで出ていないけども、
下腹の出具合が尋常ではないという方は多いのではないでしょうか。

どんなに一生懸命通常の腹筋運動をしても、この下腹はへこみません。
元々が内臓についている内臓脂肪なので、
そもそも根本から解決するなら脂肪を落とす必要があります。

有酸素運動や適切な食事制限で脂肪を落とすことはもちろん大切です。
それと同時に天然のコルセットと言われるインナーマッスルを鍛えることが重要です。

インナーマッスルを鍛える

このインナーマッスルとは今流行りの体幹と言われる部分です。
お腹のインナーマッスルは腹横筋といいお腹の内部にあります。

冒頭に紹介したシックスパックの部分である腹直筋はアウターマッスルといわれ、
インナーマッスルよりも外側にあります。
アウターマッスルと言われるとおり外側にある筋肉ですね。

インナーマッスルである腹横筋はお腹のまわりを支える筋肉で、
この部分を鍛えることで、
しっかりと内臓をささえてぽっこりお腹を解決することが可能です。

私も腹筋を割りたいと思い、通常の腹筋運動ばかりしていたことがあります。
たしかにみぞおちあたりの腹筋は割れてきたのですが、
下腹の方がどうも見た目がよくありませんでした。

インナーマッスルを鍛えてしっかりとお腹を支えていれば、
もっと美しい腹筋ができあがったはずです。

インナーマッスルはいわゆる普通の腹筋運動でも少しは鍛えられるようです。
ただ最近は体幹トレーニングが流行っていて、
インナーマッスルに効くトレーニングもたくさんあります。

是非参考にして頂いて、美しく割れた腹筋を完成させてくださいね。

ページ上部に