メジャーとペン

『部分痩せ』という言葉を雑誌でもテレビでもよく見ます。
『お腹だけ痩せる』『太ももだけ痩せる』といった部位別の、
集中ダイエットの特集がほとんどです。

部分痩せの誤解

しかしこの部分痩せには二つの意味があり、
意味を履き違えると間違った努力をすることになります。

例えばあなたがお腹だけ部分的に痩せたいと思った場合、
すでに脂肪があまりついていないお腹を鍛えて、
筋肉で引き締めるということあれば部分痩せは可能です。

しかしたっぷり脂肪がついたお腹で、
お腹の脂肪だけを集中的に落とせると思っているとしたら、
これは基本的には不可能です。

つまり、脂肪が既に落ちているという前提条件において、
筋肉を鍛えて引き締めると言う条件であれば部分痩せは可能です。

しかしどこかの部位の脂肪を狙い撃ちで落としたいと言うのは、
不可能ということです。

正しい部分痩せ

『部分痩せ』という名称が、
部分的に脂肪を落とせるという誤解を生む要因だと思います。

正しくは『部分引き締め』あるいは『部分トレーニング』
などとすべきでしょう。

その上で、前提として、既に脂肪は運動や食事によってある程度
落としていることという注意点を付加するべきです。

甘い言葉で雑誌を購入させたり、テレビの視聴率を上げる為には
仕方の無いことだと思いますが、部分痩せの誤解は避けるべきです。

部分痩せの真実

ジムのトレーナーに『太ももを細くしたい』と相談したところ、
『部分痩せというのは基本的にできません、全体の脂肪を落としていく中で、
自然と太ももも細くなっていきます』という答えが返ってきて、
戸惑ったという主婦の方がいるようです。

これも雑誌やテレビ番組の誤解で、部分痩せというものが可能だと
思い込んでしまった弊害と言えます。

もし脂肪が落ちていれば、
部分的に鍛えて引き締めることも可能だったと思います。

ただ全体的に脂肪を落としていく中で、自然と太ももも落ちていきますと
言われたということは、まだまだ脂肪がついているということです。

脂肪は狙い撃ちでどこかの部位を減らせるわけではなく、
全身の筋肉や脂肪とのバランスの中で落ちていきます。

本当に部分痩せをしたいなら

もし何処かの部位を細くしたいなら、結局は運動や食事の正攻法で
全体的にシェイプアップしていくしかないということです。

ある程度脂肪は落ち切った、その上である部位に締まりが無い。
そういう場合には『部分痩せ』改め『部分引き締め』のトレーニングが、
効果的になってくることでしょう。

ページ上部に