空腹

私の経験上『空腹に耐える方法』というものはこの世に存在しません。
空腹を感じたのならそれは飢えであり、基本的には食べる以外に解決策はないはずです。

空腹を解消するには食べるしかない

食べる以外に無いのであれば、あとは何を食べるかの問題です。
ダイエットを始めて空腹に耐えられないという方は、
空腹時にガッツリご飯を食べようとは思っていないでしょうか?

夕飯で食べたいけど残した唐揚げが台所で待っていたらどうでしょう。
夜中にお腹が空いた時に、真っ先に思い浮かぶのはその唐揚げのはずです。

いくら空腹の解決策が食べることしか無いと言っても、
都度そんなものを食べていたのでは肥満は加速する一方です。

なので、空腹に耐える一番の方法は
『食べても太りにくいものを少量ゆっくり食べること』になります。

もちろんその空腹が本当の空腹なのかは確認して下さい。
歯を磨いたり、少し時間を置いたり、水を飲んだりしても眠れないほどツラい。
そうであればその空腹は本物ですので、食べない方がストレスが溜まります。

空腹時に何を食べるか

その上で、食べるものですが、私がお勧めするのは味噌汁やスープなどです。
これをアツアツのお湯で用意しましょう。

具にジャガイモや炭水化物が入っている物は絶対にNGです。
消化の良いもの、野菜をメインに考えましょう。

これらの利点は、アツアツなので一気に完食できないことです。
少しずつ。ゆっくり食べれば満腹感は追いついてきます。
そうなればその場をしのぎ、後は眠って明日の朝の朝食を食べればいいでしょう。

また温かいものを食べれば体があたたまり、代謝も上がれば寝付きもよくなります。
お腹が空いたからと言ってアイスクリームを食べていたら最悪です。

体が冷える物はできる限り選ばないように注意しましょう。
豆腐で言えば、冷奴よりも湯豆腐の方がいいということです。

空腹は耐えずに適切な物を食べてしのぐ

また固くてよく噛まないと食べきれないようなものでも空腹はしのげると思います。

いかのあたりめやビーフジャーキーなどですが、
これは夜中には消化吸収の負担になると思いますので、昼間のおやつや間食にお勧めです。

やはり夜の空腹が耐えられない場合は、アツアツの味噌汁やスープなどが最適でしょう。

夜の空腹で言えば、夕食の食べ方でも空腹をかなりセーブできると思います。
まず基本中の基本ですが、よく噛んでゆっくり食べること。
これだけでも満腹感を大きくして、その後の空腹を防ぐ助けとなること間違いなしです。

夕食はできるだけ炭水化物や糖質を抑えて、タンパク質や野菜などをメインに摂るといいでしょう。

ページ上部に